La Pergola

8 Atmosphere
8 Creative
8

プノンペンでも人気のホテルThe Plantation Urban Resort & Spa。2014年12月に新しいフレンチシェフSébastien Rubisを迎え、メニューも新たに高級レストランLaPergolaをオープンした。
ホテルの1階には定期的にアーティストの作品を展示しているLotus Pond Galleryがあり、その2階に位置するのがレストランLaPergola。バンヤンの木を印象的に取り入れ、繊細なガラス張りの内装にアジアのオリエンタルな雰囲気漂う、洗練されたレストランとなった。
今回は、フランス人シェフSébastien Rubisのご紹介。

La-Pergola_Press-release_The-Plantation4-01

La-Pergola_Press-release_The-Plantation3-01

16歳の時にフランス料理の世界へ飛び込んだSébastienは、l’Ecole de Paris des Métiers de la TableとThe French School of Culinary Artsを卒業。その時の師は、フランス料理界に精通した人物であるJean Soulat。全てを創りだすということはすぐに使える食材や機械などを使わないことなど、料理に関するほとんどの知識は彼から学んだ。

そして、シェフである彼の弟子としてパリ、セーヌ川のほとりにあるレストランL’Esturgeonで6年間を過ごす。そこで出会ったのは、シェフOlivier Gremillet。
Sébastienはそこでもこれまでの知識に加え、より深くフランス料理の伝統について学んだ。

La-Pergola_Press-release_The-Plantation2-01

この経験の後にSébastienはシェフになり、他の国でも料理の知識と経験を得たいと考え、海外へ渡った。スペイン、タイを経て、2004年からの10年間はラオスで過ごした。この時にラオスで携わったL’Eléphant Restaurantとthe3Nagasのレストランでの仕事は、ラオスの風化しかけた伝統的なレシピを再評価するものだったとして、ラオスのベストレストランとしてニューヨーク・タイムズ紙に評価され、国際的にも広く認められることとなった。そしてまた新たな挑戦のために昨年カンボジアに移住した。

LaPergolaのメニューは、クメール料理とシェフSébastienによる西洋料理の2種を用意している。クメール料理は伝統的な正統派のものではなく、フレンチのアクセントを加えつつ東南アジアやその他各国料理の影響を受けた創造的なものとして仕上がっている。全ての喜びのために自分自身の料理のアイデンティティを崩さずに、常に新しいもの最高のものを提供している。

アジアと西洋の交差する場所、LaPergola。オリエンタルな雰囲気とともにシェフSébastienによるオリジナリティあふれる料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

The Plantation Urban Resort & Spa
La Pergola
023 220 141
# 28, st. 184, Phnom Penh, Cambodia